浪費癖のある人は家族に金銭管理を任せたり、クレジットカードや必要以上のお金を持たないようにしましょう。

MENU

浪費癖のある人の心理とは

浪費癖がある人の特徴は?

「浪費」とはどのような意味を示しているかご存知ですか?
浪費とは「金銭や物、精力などを無駄に使うこと」です。

 

要するに「無駄遣い」の事を言っているのです。

 

無駄なことにお金を使ってしまい、必要なときにお金がない、そのため金融機関などからお金を借りて、しかしそれすら無駄に使ってしまう、といった浪費癖のある人いませんか?
このような浪費癖のある人には共通した特徴があるものです。
ではどのような特徴があるのでしょうか?

 

考え方が楽観的

浪費癖のある人の多くは後先考えずにお金を使ってしまいます。
そのため「お金を使う」ことに対してあまり深く考えていません。
欲しいものがあればその金額がいくらであっても購入してしまい、後でお金が必要になることを考えず、「なんとかなるだろう」と軽く考えてしまいがちです。
また、一度失敗してもあまり深く考えないので、また同じ事を繰り返してしまいます。

 

他人に見栄を張りたがる

浪費癖のある人は自分の身分に不相応なものを持って周りに自分を良く見せようとします
例えばブランド物や高級車などです。
また、周りの人におごってしまうなどといった特徴もあります。
実際にお金があれば問題がないのですが、浪費癖のある人の多くは金銭的に余裕がない人が多いので、お金がいくらあっても足りなくなってしまう、といった悪循環を起こしてしまいがちです。

 

ストレスの発散

現代人は仕事や家庭などさまざまな場所でストレスを感じやすいですよね。
そのストレスの発散方法に「買い物をすること」と言う人、いませんか?

 

買い物でストレス発散するのは辞めよう

確かにお金を使って買い物をする、ということはとても楽しいものです。
しかし、ストレス発散が買い物だけであると、いくらお金があっても足りなくなってしまいます。

 

運動などお金を使わないストレス発散方法を探す事が大切です。

 

分割払いやリボ払いを利用している

クレジットカードで買い物をする人は多いですよね。支払い方はどうされていますか?
一括で支払っていれば利息はかかりませんが、分割やリボ払いにしていると一度に払う金額は少ないですが、金利が上乗せされている為支払っている金額は多くなってしまいます
また、気がついたら上限の金額を全て使い切ってしまう、といった事も考えられます。
クレジットカードで買い物をするときには、できるだけ一括で支払うようにしたほうがよいでしょう。

 

浪費癖を直す方法

浪費癖はなかなか間単に直せるものではありません。
自力でどうにもなりそうになければ誰か他の人に助けを求める事が大切です。
例えば親や配偶者など家族に金銭管理を任せるのもよいでしょう。
浪費癖のある人はお金を持っていると持っている分全てを使ってしまうので、持たないほうがよいのです。

 

自力で治す場合は、まず貯金の習慣を付ける事が大切です。
家計簿をつけるなどして自分がどんなものにいくら使っているのかきちんと把握するようにしましょう。

 

また、借金癖のある人は人脈を失う可能性もあるので、友達などからは借りないようにしましょう。