借金の返済を怠ると、すぐに対処すれば軽微な内容ですみますが、長引かしたり催促の連絡から逃げたりすると大きなリスクを抱えます。

MENU

借金の返済を怠ると

借金の支払いを怠るとどうなるか?

 

昔であれば借金の支払いを怠ると、怖い人が自宅に来て大声を上げて取り立てをしていた時代もありました。

 

今でもこういう事があると思っている人もいるかもしれないですが、現在はこういった強引に脅したり怖がらせたりする取り立ては法律で禁止をされています

 

実際に借金は、クレジットカードからキャッシングや自動車ローンなど非常に身近なモノへと変わっていて、返済を予定日に怠ってしまったり口座引き落とし日に残高不足で払えないケースも多くあります。

 

こうして予定の返済日に返済が行われなかった場合は、すぐに本格的な取り立てが行わる事はなく、一般的には電話や郵送などで催促が来ます。

 

口座の残高不足の場合はまずはコンビニ払いなどの払込票が送られてくる事が多いです。

 

返済の遅延が1回目の場合は、なんらかの事情によって返済を忘れてしまった優良なお客もいますので、債権者となる金融機関もお客さま主義で丁寧な対応をしてくれます。

 

携帯電話番号を伝えている場合であれば携帯電話にのみ連絡をするようにして、
職場や家族に返済遅延の催促をしないように考慮してくれます。

 

返済日に決められた金額を返済するのが常識でもあり、マナーでもありますが万が一返済が遅れてしまった場合は初期の連絡で対応をするようにしましょう。

 

最初のうちは融通を利かせてもらえる事も多いので、返済できる目処があれば、そういった事情を伝えるとその日まで催促の連絡を止めてもらう事もできます。

 

 

借金の返済を怠る時に起こるデメリット

一般の方からはブラックリストとも呼ばれる信用情報機関の事故情報に返済遅延をした旨が掲載されるという事があります。

 

この返済遅延の事故情報は遅れた返済分を支払えば、返済が遅れはしたが行われた旨も記載されますが、こういった些細な事でも信用情報機関に詳細が載ってしまうと、その先にローンなど新規の融資を受ける時の審査が不利になります

 

なかには少しでも返済遅延をした実績がある事で新規借り入れの審査が通らないところもあります

 

この返済遅延の事故情報ですが原則は1日でも遅れたらその都度信用情報機関に載せるのが原則ですが、返済日を過ぎてもすぐにこちらから連絡をして支払いを行うなど誠意ある対応やスポーディーな対処をすれば、返済遅延があった事を信用情報機関に載せられなくて住むケースがあります。

 

うっかり口座にお金を入れるのを忘れたなどの理由で返済ができなかった場合は、迅速な対応を取るようにしましょう。

 

 

こういった初期の催促に対応せずに返済を怠ると、催促が多くなります。

 

平日・土日問わず電話がかかってきて、しっかりとした対応をしないと家や職場にも催促の電話がかかってきます

 

支払う事ができないのが気まづくて、電話を出ない人も多いですが、仮に支払いができなくても催促の電話にはしっかり出て、すぐに支払うお金がない旨を伝える等対応をするようにしましょう。

 

それでも支払いがない場合は自宅に取り立てに来るケースもあります。

 

もちろん怖い人ではなく、一般的なビジネスマンが社交的に事情を聞きに来るといった事です。

 

本人が不在で家族が対応する場合は借金の返済が滞っている旨を伝えられる可能性が高いです。

 

それでも支払いを行わないと、最悪法的措置を取るという督促状などが送られてきます。

 

怖い取り立て屋で威圧して脅すのは法律違反ですが、法的措置を取るといって脅かす事は禁止されていませんし、常識的に非があるのは借金をして返済をしていないなので当然の措置です。

 

住宅や車をローンで購入した人は、こういったローンで購入した商品が差し押さえられて引き上げられる可能性も出てきます。
最近ではクレジットカードで購入したパソコンがカード会社に引き上げられる事もあるようです。

 

法的に弱いのはもちろん返済をしない債務者ですので、法的措置を取られると裁判所から支払い命令が出される事があります。

 

このように実際に法的措置を取られるケースは実は少なく、多くのケースが催促をしても払う様子がない人に対しては債権回収会社に取り立て依頼をします。

 

 

債権回収会社といっても前述であったとおり怖い人や手荒な取り立てをする人達ではありません。ですがそれを専門としているプロ集団で時間をかけて取り立ての交渉をしてきます。

 

債権回収会社の一番多い手段は、親や兄弟など身内に対して返済がなくて困っていると相談をして代わりに支払いをしてもらえないか相談をしてくるのが一般的です。

 

なかには、意地でも借金をバックれようとする人がいます。

 

確かに借金には時効もあり、

 

金融機関からの融資は5年
友人知人からの借金は10年

 

という期間がありますが、実際に時効になる事は少なく、内容証明書で時効が6ヶ月停止する事や裁判所を通じて支払い督促をすると時効は中断します。
相手も債権回収のプロですので簡単には時効を成立させません。

 

自分が作った借金に関しては責任を持って対応をして、どうしても対応しきれない場合は任意整理をするなど、返済のプロの弁護士や司法書士の力を借りて早めに対処するようにしましょう。

 

借金の金利は時間が経過すればするほど膨れ上がるものですので、借金の返済のやり取りを長引かす事は非常に不利益です。