月単位で生活費の計画を立てる事は、借金癖・浪費癖を治すためにはとても重要な事でシンプルな方法ですが実践するのが難しいです。

MENU

毎月の生活費の計画をたてる

借金癖を治すには月単位で生活費の計画をしっかり立てる事が大事です。

 

とても基本的な事ですが、実践できる計画を立てなければ意味がなく難しい事でもあります。

 

借金がある人の場合は、借金の返済も当然しなければいけないのですし、
借金癖があれば新規に借金する事なく確実に毎月借金を減らしていく事が重要です。

 

借金癖がある人は必ずどこかで、余計な支出が膨らんでいるので、そこを見直すと共に他に節約できる事がないかを考えるようにしましょう。

 

 

計画を立てる時には、まず必要最低限の生活費を見直します。

必要に応じて削減できる内容がないかを探してみるのも有効です。

 

生活費は一般的に

  • 家賃
  • 光熱費
  • 食費
  • 通信費
  • 通勤費などの仕事をする為にかかるお金
  • 雑費

などがあります。
実家暮らしの人の場合は家賃がないかわりに家に入れるお金などもあります。

 

家賃については、引越しすれば削減できる物でもありますが引越しをするには、まとまったお金がかかるものですので、借金がある場合は返済が終わるまではそのまま住む方が早期返済につながるので削減はできない固定費になります。

 

光熱費は特別な使い方をしていなければ大きな金額にはなりませんが、光熱費も節約するという意識を持つことは大事で、電気のつけっぱなしなど無駄があれば節約するように心がけましょう。

 

 

生活費で削減できるポイントとして大きいのが食費光熱費です。

 

食費については実際にそれまで一ヶ月にどれくらい使っていたのかを把握する所から始めて無理のない範囲で削減できないかを検討します。

 

外食を減らすことも、自炊の材料費を減らす事も大事です。
外食は付き合いなどもあるので、完全に無くす事は難しいですし、人間付き合いで悪影響が出る事もあります。

 

例えばお酒を飲食店に飲みに行くのは多くても週に1回と決めるなどのルールを作るとよいでしょう。

 

通信費は携帯電話やインターネットの費用の事で、最近はスマホの普及で通信費も高額になっている傾向があります。
キャリアを買えなくてもお店に料金の相談をしに行ったり、携帯電話代を上手にコントロールしている人に相談してみるのもよいでしょう。

 

スマホ依存が強いのであれば家のインターネットを思い切って解約したり、遅くて安いプランに変更する事も有効です。

 

通信費にお金をかける人は、動画を閲覧したいから。という理由も多いのですが借金がある人は節約する妥協点として動画閲覧を検討材料にしてみるのもよいです。

 

通勤費に関しては節約するのが難しい項目で無理に削減して車通勤からバス通勤に変えるなどの手段を変えるとストレスになる可能性が高いのであまりおすすめできません。

 

仕事中にお菓子を買ったり、仕事終わりに缶ビールを買って帰る日課がある人は通勤時間も含めた仕事中に慢性的に使っているお金を見直すようにしましょう。

 

 

そこまで生活費の計算を出したら、それを月単位でそれぞれいくらの予算を組んでいくかを検討します。

 

まずは

  • 家賃
  • 光熱費
  • 通信費
  • 借金返済費用

など月単位で発生する費用を計算します。

 

その後に食費を週単位で計算するようにするのがおすすめです。

 

外食代や、お米などのまとまった金額の支出が出る事も考慮して平均で週いくらのペースで使えるかを計画して管理していく事が大事です。

 

借金があったり、貯金ができないのであれば、飲みに行くのは週に1回などと決めて、週に複数回の付き合いの誘いがあった時は、素直にお金がないと言って断る事も大事です。

 

 

そして計画の中には趣味や娯楽のお金も入れるのが大事です。

借金癖や浪費癖はストレスが要因となる事が多いので、完全に遊ぶ事を辞めるといった計画は逆効果になります。

 

パチンコや夜遊びなど、1日で予算以上のお金を使ってしまうリスクがある趣味に関しては思い切ってその趣味をやめて違う事で遊ぶお金を予算に入れておくとよいでしょう。

 

こうして計画を立てるのはシンプルですが実践するのが難しい事でもあります。

 

総収入から月単位で必ず発生する支出を抜いて、そこから娯楽や食費などのお金を週単位や日割りなどして細かく管理していき、なるべくストレスなく実践できる計画を立てるのが大事です。