貸金業者などからの借金の時効が成立することは無いと考えましょう。

MENU

借金に「時効」はあるの?

借金は時効で消滅する?

何事にも大抵「時効」が存在するように、借金にも「時効」が存在します。
要するに「時効がくれば借金を返済しなくてもよい」ことになりますよね。
そんなおいしい話、本当にあるのなら使いたい!と思う人も多いのではないでしょうか?

 

そこでここでは借金の消滅時効についてご紹介します。

 

借金の時効について

借金の時効は「どこから借りたか」によってその期間が異なります。

  • 家族や友人など「個人」からお金を借りた場合、その時効は10年
  • 銀行や消費者金融などの法人からお金を借りた場合、その時効は5年

です。

 

時効はどこから「開始」されるか、が大事になります。
具体的には「お金を借りても返さなかった日」となり、要するに「借金の契約をした翌日」からになるのですが、もしもお金を返済したことはある場合、その翌日から計算されます。

 

じゃあ、お金を借りたあと、返済せずに5~10年すれば返さなくてよくなるんだ!と安易に考えてはいけません。
この時効には成立しないようにする「条件」があります。

 

借金の時効を成立させない条件

お金を貸したほうにしてみればそのお金を何とかして返済してほしいものですよね。
借り逃げ、なんて誰にでも簡単に出来てしまったら、金融業者は商売になりません。
お金を貸したほうにも貸した相手に時効を理由に借り逃げされない為にも、「時効の中断」をすることができます。

時効が中断出来る3つの条件

 

要するに「お金を返さないだけ」では時効を成立させられないようになっているのです。

 

時効を中断させる条件は大きく3つあります。

 

1つは「お金を返してもらうように請求すること」

請求方法はさまざまですが、一番わかりやすいのは「裁判所で訴訟を行うこと」です。
その他にも裁判所に「支払いの催促」「調停」などの申立をすることも時効を中断させることができます。
また、内容証明郵便で催促書を送付し、それをお金の借り手が受け取ってから半年間は時効が中断させることができます。。

 

2つ目はお金を1円でも返済する事

 

3つ目はお金を貸した債権者がお金を借りている債務者の財産を差し押さえる事

上記を見ればわかるように、現実的に借金の時効が成立する事はほぼありません。
また、借金を支払わない場合でも「金利」は必ず上乗せされています。
時効を狙ってお金を返済しないがために、借金の金額がとんでもない事になることも考えられるのです。
また、借金を返済しなければ通称「ブラックリスト」と呼ばれる「金融機関の個人信用情報機関」にも「事故情報」として登録されてしまい、その後数年間の新規のお金の借り入れやクレジットカードの作成などが困難になることも考えられます。

 

なによりも借金は必ず返済しなければならないものである、ということも考えた上でお金を借り入れるようにしましょう。