借金癖の改善法で一番有効なのは弁護士や司法書士に相談して任意整理という形で返済計画を立て直してもらう事です。

MENU

借金癖の改善法

借金癖というのは一度癖がついてしまったら簡単に治せるものではありません。

 

借金癖を治す為の具体的で理論敵な計画があっても借金癖がある人はそれを実践できずに借金を繰り返してしまいます。

 

最初は治す努力をしていてもストレスが溜まりどこかで爆発して浪費や借金が加速してしまう事もあります。毎月の生活費の計画をたてるなどの改善策を考えなければなりません。

 

それでも借金癖は放っておいても加速してしまうものですので、
なるべく荒治療で強制力のある内容の改善策を取る必要があります。

 

 

借金の額が大きく膨らんでいるのであれば、任意整理での債務整理がおすすめです。

 

債務整理と聞くと抵抗を持つ人も多いですが任意整理は弁護士や司法書士を通じて裁判所を通さずに直接債権者と返済計画の見直し交渉をする事になります。

 

内容によっては過払い金の金利分などが相殺されて借金が減額されるケースもあります。

 

ここで勘違いしないで欲しいのが、債務整理の中でも任意整理は自己破産のように借金をチャラにするものではなくて、無理のない返済計画に見直す事を言います。

 

自分は債務整理をするほどの状況ではないと思っている人も借金を繰り返して、借金を全て完済した状態になった期間がない状態が続いて借金に悩んでいるのであれば、多くの弁護士事務所や司法書士事務所が無料相談を実施していますので早期のうちに相談しに行くのが重要です。

 

 

任意整理を行うと信用情報機関の事故情報(いわゆるブラックリスト)に債務整理をした事が掲載されます。

 

そうすると新規の借り入れができなくなり強制的に借金癖を治す事も可能になります。
金融機関から一切融資を受けられなくなると、立ち直って将来車や住宅を買いたい時にローンが組めなくなると懸念する人もいますが、こういった任意整理などの事故情報が掲載されるのは一般的には5年間ですので、時間が経過すれば必要の物をローンを組んで購入する事もできます。

 

借金の総額が数万円程度などの経度の借金状態を抜け出せない人は、周りの強力を仰ぐ事も大切です。

家族がいるのであれば配偶者や親などに無駄なお金を使いすぎないようにと管理をしてもらう事も有効です。
ただし、付き合いでの飲み会など週末のリフレッシュなど節約した中でもこういった出費に対する理解がある人でなければ管理を任せる事でトラブルになるケースもあります。

 

借金癖がある人から改善したいと相談してきたケースは、無駄なストレスを与えないように気を使い相談に乗り、本人の気持ちになって事情も理解した上で最良の改善策を考えていく事が必要です。

 

本人は改善する意思がなく周りにも相談する気配がない場合には多少の荒治療が必要で放っておいても良い事は何もありません。

 

親しい友人や知人・同僚などがお金にだらしなくなり借金癖が出てきた場合は思い切って、借金癖が治らなかったり、お金のだらしない事が治らないのであれば付き合いをやめる。と言ってしまうのも必要です。

 

そこまで言っても聞く耳を持ってもらえないのであれば、その人は本当に付き合う価値のない人です。

 

配偶者や家族・昔からの付き合いが長い親友などの場合は、本人が嫌がったり怒る可能性もありますが、強引な方法を取る事も必要です。

 

例えば、いつも浪費を一緒にしている友人知人などがいたら、周りから連絡をして借金癖があるから、遊ぶ回数を減らしてくれ。とお願いする事も有効ですし、洋服やギャンブルなど一人で浪費してしまっているのであれば、お金やクレジットカードを取り上げて無理やり管理してしまう事も大切です。

 

こういった強引な行動はいきなり取るのではなくて、借金癖が改善されないのであれば行動に移すと一度警告をする事が大事です。

 

実際には警告をしてもその後行動に移さない人も多く、本人もどうせ行動には移せないだろうと軽く見てくる事もあるので、こういった警告は本当に行動に移す事を前提にした意気込みで行う必要があります。