浪費癖は治すのが難しく、どのような改善策をとっても必ず浪費への誘惑はあり、最終的には自分との戦いとなります。

MENU

浪費癖を治す方法

借金癖がある人の言い訳でも少し触れましたが、
借金癖がある人というのは同時に浪費癖を持っている人が非常に多いです。

 

浪費癖とは、その使い道は洋服だったり旅行だったり、外食・ギャンブル・お酒・異性遊びなどさまざまです。

 

浪費癖が原因で、お金を全部使ってしまい貯金ができないことで借金癖へと繋がる事は非常に多いです。

 

浪費癖の人の特徴はメンタルが弱いストレスが多いという理由が多く、この2つを兼ね備えている人が典型的な浪費癖の人の特徴です。

 

仕事をしてお金を稼ぐという事は多くの人がストレスを抱えます。
中には仕事をして得た給料を必要最低限の生活費以外は貯金に回して
貯金する事を生きがいにしている人もいますが、
多くの人がお金を稼いだら多少はお金を自分の好きな事に使って楽しみたいと思う人が多数派です。

 

このお金を稼いだら、お金を使ってストレスを解消するというのは悪い事ではなく、度をわきまえれば健全な事とも言えますが、それが行き過ぎると浪費癖に分類されます。

 

お金というのは計画的に使うことが理想とされています。

しかし計画的に使うという事は難しく、買い物や娯楽などをするにあたり、
その時はいくらまでと予算を決めていたとしても、気に入った商品が予算より高かったり、
遊びにでかけてついつい予算以上のお金を使ったりしてしまう事は誰にでもある事です。

 

このように、想定していた金額以上のお金を使った後に反省して、
しばらくはお金を使うのを控えようなどと考えて、自分のお金をマネジメントするのが一般的ですが、こうした予算以上のお金を使ってしまう事が癖になってしまう事が浪費癖とも言えます。

 

浪費癖を治すのは難しく、浪費癖がある人がそれを治そうと節約するとそれがストレスとなってしまい、どこかでその反動でより多くのお金を使ってしまうケースもあります。

 

今月はいくらまでしか使わないと計画して、自分の好きな物への浪費を抑えていたとしても、
冠婚葬祭などで臨時出費が発生してその計画が崩れた時にはメンタル面が弱いと今月はもういっかと開き直って浪費を再開させてしまう人も多いです。

 

こういうメンタルが弱い人というのは、ちょっとした事で今月はしょうがないと自分の中で都合の良い計画通りのお金使い方ができない理由を付けてしまい、何かあるごとに浪費を繰り返すというのも特徴です。

 

浪費癖を治すには、それぞれの人の性格に合わせた改善策が取る事が重要です。

 

 

おすすめできる浪費癖の治す方法を紹介します。

 

ひとつは、お金のかからない趣味を見つける事です。
浪費癖はストレス解消の為に行われる事も多いですが、中にはお金を浪費して貯金が作れない事がストレスで更に浪費してしまうという負のスパイラルに陥る人もいます。
こういったケースの典型はギャンブルにハマる人なども多いです。

 

ストレスから来る浪費癖は、一番の理想的な改善策はお金のかからない他のストレス解消につながるお金があまりかからない趣味を見つける事です。

 

この方法を実践しようとする中では、これまで衝動買いしていた洋服のブランドをもっと安いブランドの服に変えたり、4円パチンコで毎月損失を出していた所を1円パチンコに変えてみるといった、これまで浪費していた趣味を変えずにお金がかからない方法にしようとする人もいますが、これは逆効果でそれまでと同じ趣味を節約して継続するというのは、すぐに物足りなうなってしまいストレスになるケースも多いです。

 

可能であれば、ガラリと趣向を変えた趣味を見つけるのがお勧めです。

 

この趣味を変えてお金をかけずにストレスを発散させるという事は理想的な方法ですが、難易度も高く浪費していた趣味を断つ事は簡単にできる事ではありません。

 

 

そこでもう一つ、浪費していた趣味を変えずに浪費癖を治すオススメの方法を紹介します。

 

それが、お金を使うタイミングを給料日前に設定する事です。
仕事をしている多くの人は月に1回のペースで給料日があります。

 

この給料日を目的に仕事をこなしている人も多く浪費癖がない人でも給料日は待ち遠しい物です。

 

まちに待った給料が出た直後に浪費してしまう人が多いですが、
この浪費するタイミングを給料日前にズラすのです。

 

給料日直後に浪費をしてしまうと、次の給料日まで浪費する事を我慢するのが苦痛となり、
結局次の給料日を待つことができずに次の浪費をしてしまったりする事も多くなります。

 

これを一ヶ月に使用するお金を計画を立てて給料日直前の休みの日に自分の趣味のお金として残しておいたお金の中で浪費するというルールを作る方法が浪費癖の対処法として有効です。

 

最初の一ヶ月は浪費タイミングの周期をズラすのに苦労をしますが、一度周期をズラす事ができれば、あとはそれまでと同じ月に一度のペースで楽しみができます。

 

違うのは給料日直後か給料日直前か?という違いだけです。

 

よく「仕事を頑張った自分へのご褒美」といって浪費をする人がいますが、浪費癖がある人は仕事で頑張った分に加えて給料日から給料日直前まで、お金を節約できたご褒美として給料日直前に好きな事へお金を使うようにする事が有効で、使える予算は、その月に節約すればする分だけ増えていく仕組みとなり、節約意識が高まります。

 

もちろん、この方法も給料日直後には周りから遊びの誘いが多くなったり、給料日直前に楽しいお金の使い方をするとその直後に給料が出たときの誘惑があったり浪費癖の改善を妨害する要素もありますが、これはどの方法でも浪費をしたくなる誘惑というのは必ずあるもので最終的には自分自身との戦いとなります。