借金癖・浪費癖がある人はケチと倹約の違いを理解して、倹約家になる事が大事です。

MENU

ケチと倹約の違いとは

借金癖がある人の言い訳として、

 

周りからケチだと思われたら困る
お金の出し惜しみをする場面ではない

 

と言い訳をします。

 

この周りからケチと思われたり、お金を出すべき所で出し惜しみをするというのは確かに良くない事です。

 

ですが、勘違いしている人が多いのが
ケチと倹約の違い

 

決してケチとは呼ばれない所でも都合の良い言い訳もしているのです。

 

倹約とケチとは、同じ意味にも聞こえますが、似て非なるもので、倹約というのは人によっては褒め言葉にもなりますし、お金の管理がしっかりしている人。
信頼性がある人とも見られます。

 

それに対してケチというのは悪口にしかなりません。

 

社交辞令でケチな人の事を倹約家と表現して持ち上げる人もいますが、実際には周囲の目はケチと倹約家の違いはすぐに見抜くことができ、ケチだという事は周りが分かっていても気を遣って言葉に出さないだけです。

 

また、ケチな人は自分は倹約家だと思っている人も多いのです。

 

 

それでは具体的にケチと倹約の違いはなんなのかを紹介します。

 

辞書でそれぞれの意味を調べてみると

  • ケチ:むやみに金品を惜しむ事
  • 倹約:むだを省いて出費をできるだけ少なくすること

似ている意味に思う人もいるかもしれないですが、決定的な違いがあります。

 

それが「むやみに」と「むだを省いて」という所の違いです。

 

 

更に具体的な事例や意見を紹介すると

 

  • 自分の事に対してはお金を節約し、人の為の事にはお金の出し惜しみをしない人を倹約家。その逆で、自分の事以外の事に対してお金を出すのを惜しんだり嫌う人をケチ。
  • 自分の節約術を人に自慢したり他の人の金銭感覚を馬鹿にして自分の金銭間隔を正当化する人がケチ。出す所ではお金を出すが周りから見えない所で人知れず節約しているのが倹約
  • 常に財布のヒモが固い人はケチ。普段はお金は使わないが、特別な時やここぞという時にはお金の出し惜しみをしない人が倹約
  • ケチは他人にも迷惑をかけたり不快な思いをさせる。倹約は節約生活をしていても周りには迷惑をかけず不快な思いをさせない。
  • 靴に穴があいたり、服が疲れて見栄えが悪くなっても使い続ける人はケチ。最低限の常識を持って節約しながらも見栄えを悪く見せない人は倹約
  • 財布が古くボロボロになってきた時にギリギリまでそのまま使い続けるのがケチ。数千円程度のノンブランドの財布を買うのが倹約・ブランド物をすぐ買うのが浪費家
  • お金を出さない人がケチ。お金を大切に使う人が倹約家

 

このような内容が世間一般的なケチと倹約の違いです。

 

見ての通りケチは悪く表現をされ、倹約は良く表現されています。
倹約だと思われる事よりケチだと思われない事が大事です。

 

他にもさまざまなシュチエーションでケチと見られる事とケチと思われない事がありますが、根本的な考え方や価値観はどの場面でもあまり変わりません。

 

そして気をつけなければいけないのが、ケチと倹約以外にも浪費という言葉があります。

借金癖がある人などに多いのが、周りの為に使うお金だからと言って飲みにいった時に特別な日でなくても奢ったり、他の人と一緒だからとむやみお金を使ったりします。

 

そして周りからボロボロの安物を使っているとケチだと思われるからと言ってブランド物を揃えたりします。

 

ケチと倹約の違いを理解して倹約家になるように心がけて、ケチを都合の良いように捉えて浪費家にならない事が借金癖を治す為に必要な事です。