借金癖というのは周りからとても嫌がられる事で、日本人は人が良いので、お金のトラブルの不満を表に出さずに関係を終わらせてしまう事も多いです。

MENU

借金癖は人脈を失う

お金のトラブルというのは、多くの人が嫌がります。
借金癖のある人と頻繁に連絡を取りたいと思う人はあまりいないのではないでしょうか?

 

借金癖で一番良くないのが、友人・知人などから頻繁に借金をする事です。

 

親友と呼べるような友人でしたら本当に困ったときに実際にお金を貸してくれる可能性はとても高いです。

 

本当にお金に困っていなくても、一緒に過ごしている時に飲食代などお金が足りない時であれば親友とは呼べないような付き合いの人であっても、お金を立て替えて貸してくれる人も多いです。

 

こういった友人・知人からのお金のやり取りは、特に借用書などもなくやり取りをかわせます。
利息を取るという事をする人もほとんどいないでしょう。

 

その後返済が若干遅れても、多少の催促があってもしつこい取り立てなどの行動に移す人はほとんどいません。

 

金額が小さければ、そのうち返済の催促自体もなくなり、借金が無かったもののように済ませてくれる人もいます。

 

普通の人であれば、友人・知人からお金を借りたとしても、すぐに返してお礼を伝えるのが一般的です。

 

しかし借金癖がある人というのは、最初のうちはしっかり返済していても、癖がついていくうちに、友人・知人からお金を借りる待遇の良さに甘えて返済を怠るようになってくる事があります。

 

友人・知人から簡単にお金を借りて、そのままバックれてしまう事に慣れてくると、友人たちと遊びに行ったり、飲みにいったりする際に最初から意図的に財布の中にお金をあまり入れないでいったりするようになります。

 

こういった一緒に過ごす流れの中で遊ぶお金を借りるだけでなく、単純にお金に困っているから貸してほしい。という話を親しい友人以外にも行うようになっていくのです。

 

こうして借金癖がある人というのはお金のトラブルが色々なところで増えていく傾向があり、
悪質なケースは最初から返す気もないのに友人・知人にお金を貸してと言ってくるようになるのです。

 

日本人は全体的に人が良いので、なかにはお金にだらしないと、すぐに怒る人もいますが、貸したお金が戻ってこなくても表立ったトラブルに発展させずに泣き寝入りしてしまう人も多いです。

 

こういった、最終的にバックレる形を取らなくても、人は皆お金に敏感です。

 

しっかり返済が行われた場合でも、借りた側はお金を返しているので特に何も思わないのですが、貸した側というのは些細なお金も長く印象に残り少なからず不満も抱えています。

 

そして日本人は不満があっても本人には直接言わず、その周りの人に本人のいない所で愚痴をもらす通称陰口をするのを好む人種ですので、すぐに本人の知らない所で、
お金にだらしがない
借金癖がある
といった内容が噂で広がってしまうのです。

 

結果的に、ごくたまに友人からお金を借りてすぐに返すような常識内ではなく、重度に借金癖があってお金にだらしがない人というのは周りから避けられて人脈を失ってしまいます。

 

人脈というのはお金で買えるものではなく、学生から社会人になると新しい人脈を作るのがとても難しくなります。そして人脈というのは本当に困った時には助けてもらう事ができ人脈を大事にしている人というのは、良い話というのも多く入ってきます。

 

こういった人脈を数千円~数万円程度のお金のトラブルなどで失っていくのは非常にもったいない事です。

 

友人・知人からお金を借りていなくても、金融機関から頻繁にお金を借りる借金癖がある人もそれが周囲にバレると良い印象は持たれません。
金融機関での借金の返済を怠ると自分以外の人に借金があることがバレることもあります。

 

交友関係で嫌われる理由で
お金にだらしがない
借金癖がある
というのは非常に多い理由です。

 

これまでの人生で築き上げてきた人脈を大事にするうえでも借金癖は付けないように心がけて、もし借金癖がある自覚があればすぐに治す努力をするべきです。